福津市まちづくり.com

福津市コロナワクチン

接種準備の現状


■ 健康福祉部のワクチン接種準備の手順に疑問

まちづくり研究会は、昨年より市民の関心事項は”コロナ対策”と記載してきましたが、 12月、3月議会に見る健康福祉部の対策答弁には具体的な方針は無く、新年度に突入、 この接種に関する方針を示さない中、高齢者接種券だけR3年4月に配布されてしまった。
配布された接種券(4月2日着)に同封されていた説明書を読んだけど、 ますます手順がわからなくなってしまった方も多いと思います。



■ 市HPに記載する”問い合わせアドレス”に問い合わせメールを発送

まず接種には、接種を受ける場所を決め、 予約が必要と書かれてある同封説明書を読まれた方は多いと思いますが、その説明書はこちら


これではわからないことが多く、早速担当課に問い合わせメール発送(4月2日)、 そして送られてきた回答文(4月5日着)の内容はこちら、


問い合わせに対する回答は、準備が出来ていないので来ないかもしれないと思っていたが、 数日後に回答が届きこの対応には満足はするものの、 解かったのはまだ何も決まっていないと言う事で、 回答文にある『新型コロナウイルス接種に関するお知らせ』アドレスを閲覧すると、 問い合わせ時にはHPに無かった集団接種会場予定の記載が見られた。その資料はこちら、


さらに、高齢者にはWebやスマホを見れない、持たない人も多く、 そのような高齢者への広報手段の問い合わせを行ったところ、 次回広報誌『ふくつ6月号』でお知らせするとのこと。

■ ワクチン接種時期に関するお知らせ、予約手順などの予定

市HPによるとその予定が書かれており、これは頻繁に変わりそうなので毎日確認する必要があるが、 4月8日時点ではこちら、



■ ワクチンの到着予定時期と接種順の予定 4月16日

市HPには以下のことが掲載されています。

福津市における新型コロナワクチン接種の現状

1, 昭和32年4月1日以前に生まれた人に対して、 既に接種を受けるために必要な接種券(クーポン券)を発送しました。

2, 福津市では、ワクチンが届き次第速やかに接種が開始できるように準備を進めていますが、 福津市に初めてワクチンが届くのは、令和3年4月26日の週に1箱(487人分×2回)です。

3, ワクチン接種の予約開始日をはじめ、 接種を受けることができる具体的な時期や会場(医療機関含む)については、 関係機関等と調整中です。確定次第、改めてお知らせします。

4, 現在、医療従事者の接種時期です。

5, 高齢者のうち、集団感染(クラスター)や重症化を予防する観点から、 高齢者施設に入所する人から接種を開始する予定です。

6, 福津市における新型コロナワクチン接種の概要を資料にまとめました。ご活用ください。



1、まちづくり研究会


福津市の全住民は 67,311人、この内高齢者(65歳以上)人口は 18,622人(R3年2月のデータから)。
コロナワクチンは、4月末には487人(2回接種分 ファイザー製)の受け取りが予定されているが、 これは、高齢者人口を対象とすると2.6%程度であって、 何を目的としたワクチン配布なのか国の方針は全く理解できない。
このような国の対応に、むしろ勝戦国が強いた終戦直後の余り物物資の供給を想像してしまう。 取り敢えず自国を優先し、 将来は過剰供給となるワクチン市場を見越し、敗戦国には売買契約だけさせて置くなど、 要らぬ想像をしてしまうのは筆者だけだろうか。
現状では、その後の供給予定は決まっておらず、 これでは地方自治体が接種順をめぐり混乱に陥ってしまうのは明らかである。


■厚生労働省HPワクチン配布予定より(日本の総自治体数1741/H30)
・4月26日:各自治体(1741自治体)へ1箱
・5月 9日:4000箱
・5月10~17日:16000箱
※1箱で975回接種分とされており、2回接種だと487人分/箱。

これからすると福津市には、
・4月26日:1箱(975人/1回、487人/2回)
・5月 9日:4000/1741= 2箱(1950人/1回、975人/2回)
・5月10~17日:16000/1741= 9箱(8775人/1回、4387人/2回)

となるが、5月17日までを合計すると、
・1回接種の場合:11,700人分
・2回接種の場合:5,850人分
となり、いずれの場合でも高齢者数(18,622人)には及ばない。


昨年末には決まった国民へのワクチン供給、これらを受けいち早く対応する自治体は、 昨年より接種へ向け模擬的な接種リハーサルを実施、 これにより混雑する現場の予測や準備不足部分を検証、 実際にワクチン到着時に向け準備している様子が報道されている。

ワクチン接種の順位とその方法は、受け取った自治体に任されているが、 4月末にはワクチンを受け取る福津市の準備実態を列記すると、
・摂取できる医療機関→まだ決まっていない、従って予約できない。
・集団接種会場→3か所の予定はしているが、具体的な接種手順の発表はない。
・接種順1→医療関係者接種時期と表示するが、具体的に行っているとは書かれていない。
・接種順2→国が言う接種順とは異なるが、高齢者施設入所者から開始としている。
・予約時に予測される混雑→それに対応する手順は示されていない。

このような中、次の接種対象となる昭和32年4月1日以前に生まれた人(R3年度に65歳になる人) に対し接種券を配布した。
まだ何も決まっていない折、接種券だけ配布すれば良いと思っているのだろうか?
ワクチン接種をめぐり混乱を扇ぐようなことはせず、 地方自治体は連携して県下の火の元(福岡市など)に集中し接種を行うなども検討すべきで、 またいつ摂取できるのかわからない接種券を配布するような時間があるのであれば、 順調なワクチン供給があることを予測し、早く前記に示す準備に時間を注ぐべきである。

第1回目に受領するワクチンの量は限られることから、 接種順は医療関係者、高齢者施設入所者は当然のことではあるが、 487人分のワクチンでその量は足りるのか。
足りない場合、余る場合など、その時の対応は検討しているのか、 全く情報公開が粗悪であるとしか思えない。

変異型のウイルス感染が広がる中、誰もがいち早い接種を望むと思われるが、 広域的に判断した独自の接種法を検討し早く広報すべきであり、 期を逃せば接種券だけを配布された対象者からのクレームは、間違いなく発生するでしょう。